【緊急投稿】高い所から失礼します!

レンガをヒュッ

レンガの面が額にゴッ

「マーブ!!」

Shun「残り30分でこの宇宙船は爆発します。」

Jun「地球号が?!やばい!マジ卐!」

Jun「(気を取り直して)じゃあ、この狭い宇宙船地球号に乗っておりますメンバー三人、最後の酒盛りでもしましょうか。」

カッパ、プシ!

Shun「ア、ドワナ、クローマアーイ!」

Jun「(スティーブ・ブシェミが重機に乗るマネで)全っては〜、主の〜、御手に〜♪全っては〜、主イエスの〜、御手に♪全ては、主の手に♪」

グビグビグビグビ

Shun「www何か混ざってんぞw」

Jun「今夜はツいてる♪」

Shun「パチスロ名探偵コナンで何万負けたんだwww」

Jun「オーラレインボーねぇ・・・。」

Shun「残り15分やで。」

Jun「まぁ、俺中学の時から剣道をずっと続けてなくてよかったわ。声潰れてたら10年前の夢もなければ、7年前のバンド結成も無かったからな。」

Shun「終わるなぁ、宇宙船地球号。」

Jun「俺たちTechnoBreakを受け止めきれない地球なら、いっそ無くなってしまえば良いだろ。」

Shun「此の期に及んでやめーやwww」

グビグビグビグビ

Jun「死とは何かねえ。何を残せたのか。残す、幻想だね、それは。」

Shun「空いたで、1缶。」

Jun「せやねえ、人生とは空かない気がするこのチューハイの缶なのかしらねえ。」

Shun「・・・。」

Jun「パチパチ弾けるこの泡なんて、ほっとけばいずれ消えて無くなるんや。そうなる前に、飲み干すんやで。」

グビグビグビグビ

Jun「これが偽りの永遠や。ずっと続く気がしているだけなんや。」

Shun「お前、飲みすぎちゃうか?」

Jun「肝臓が死ぬまで変わらんど。」

Shun「なぁ、1つええか?」

Jun「おん?」

Shun「なんでこの会話にShoが出てこんの?」

Jun「はぁ?インポ野郎のことは知らんわ、勝手にサシで飲んでろや。」

グビグビグビグビ

Sho「まず振り込み完了しました。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です