船橋ノワール 第二章

蝙蝠の叫び声が聞こえる。あいつら月明かりに照らされて、夜闇の中で踊っている。踊らされていることも知らずに。恥知らずで、煩瑣い。朝日に目を焼かれたのか、それとも放たれた輝き

続きを読む