The Year Ball

私は刺激を求めている
それもヒリヒリするような刺激だ
それはただのヒリヒリではない
座布団に長時間正座した後に坊さんへ感謝を示す握手を差し出そうと立ち上がる瞬間の
重力とは異なるその場に留まるざるを得ない理性を超えた刺激だ

私は刺激を求めている
それも循環するような刺激だ
それはただの循環ではない
座布団のように形に始まりと終わりがなく
始まりに戻って来た時には更なる半径を描く地点にいる
初心を忘れることなく大きなモノを産み出す刺激だ

私は刺激を求めている
それも分かち合える刺激だ
それはただの共有ではない
座布団のように一つの空間にいくつも鎮座し
そこにいくつもの人々が足を置きその空間の中で語り合う
己と他者の概念が交わった時に世界が拡がるような刺激だ

私たちTechnoBreakはそのような刺激でありたいと思う
その想いを是非、皆と共有したいと考えている
その場として循環としての円、それを立体的に回転させ産まれる玉
そう、元旦にお年玉として貴方に届けたい

始まりの1
循環の0
それは相反するようで非常に相性の良いモノだ
始まった事象は循環して歴史となり、それは皆と分かち合う生活に繋がる

お年玉あげるから!
あげるからいいでしょ!?
先っちょ、先っちょだけだから!
ダメ?じゃあ僕のこと好きになってよ!
いいじゃん!お年玉あげるから!
いくらお年玉あげたら僕のこと好きになってくれるのさ!?
じゃあもう好きになってくれなくていいから先っちょだけいいでしょ?
なんでよ!?
お年玉あげるからさァァァ!!!

へっへっへ!
結局アンタは役人なんですよ!
アタシがこの一年の生活の基盤となるお年玉を差し出そうというのに!
アンタは先っちょだって刺されやしねぇ!

元日、TechnoBreakのHPを要Check It out!!!

【年末特別編】2018年振り返り転&結

ガラッ(SE引き戸)

「俺は流しの

オナニストだ」

年末の風俗店は明暗二分。

俺が流すのは繁華街じゃなく、こういった場末さ。

年老いたボーイ(皮肉じゃなく事実だ)がその日のシノギにありつけると顔を上げる。

待ち合いには誰も居ないから、当然直ぐに案内される。

ゆうに
三十歳はサバを読んだ
女子大生とプレイ

何をプレイするかって?

もちろんオナニーだ。

こんな店のババアを誰が抱きたがる。

 

これだからオナニーは最高なんだ。

何故って、ババアは抱かずとも気持ち良く射精はできるから。

そうとも、気持ち悪かったら射精じゃない。

あるいは、それは射精を超えた何かだろう。

新しくもなんともない、二十年前にはもうあったのだから。

以来、毎日が一億の精霊流し。

こんな店でも風呂に流すのは抵抗があるがね。

 

会計を済ませて店を出る。

去り際に一言
「No masturbation,
no life.」

ボーイは
『自慰も人生も不要』
と言われたことに怪訝な顔をしていた。

俺は流しのオナニスト、またの名をTechnoBreak

お前の初夢夢精する男だ。

ついでに、動画も流してくれないか?

Youtube

ニコニコ

SoundCloud

【年末特別編】二夜連続ラジオ公開

糖尿病は怖えなあ!!
(オレンジジュースがぶ飲みしながら)

こんな甘いんなら、大好きなあの娘のオシッコがぶ飲みできるんだがなあ!

だけどなあ…!!

俺のオシッコを誰も飲んでくれない!!

俺は孤独だ!!

尿がのみたぁぁぁぁい!!
(ハズキルーペのアレで)

渡辺謙と飲尿の親和性は高いだろう?

In your mind…

「冬だし鍋食いにいこーぜ」
「いや、年末だし寿司食い行こーぜ!」
「いやぁ、ピザでも取ろうよぉ〜」

 

「キ●●●選手権!やる人はーい!うんうんうんうんうんうんうん!!
「くっひぃ〜、これだよぉ!うひゃひゃ、これだったんだよぉぉぉ!!」
「放送できねえからヤメろ」

 

「年越し収録の企画だけど、闇鍋はラジオ向きじゃない」
「袋の中身は何じゃろねにしようぜ!あらかじめ中身が分かった上でそれに合ったリアクションした人が1ポイント」
「お前、概念入れるからボツ。手作りおでん巾着を持ち寄って中身に戦慄するのがいい」

 

「年末バンド旅行は温泉を軸にしたい」
「高速バスで行く?温泉⁈」
「いやー、ちょっと気分じゃないから飲酒だけにしよう」

 

何も決まらねんだよ!
担任不在の学活か!!

 

それでも決まった年越しラジオ。
今日、明日と二回に分けてアップです。
お聴きください↓
Youtube

ニコニコ

SoundCloud

テクブレ用語の基礎知識

ジーザス・クリトリス!!

ハイ!年の瀬ね!!

今年一年、ブース出展を主な活動としてやっていたのですが、その水面下で我々がどういった活動をしていたのかというのをカウントダウン方式でご紹介!!

????「水面下…私が作ったノーチラス号に乗るかい?」

TB一味「あ、あなたはネモ…ち、違う!!発明家でシリアルキラーの」

マドセン「斬首!!!」

 

 

それでは、まずは第七位からお届け、カウントダウン!

スパルタ任三郎

Jun「ん~っ今泉君っふっふっふ~ん」

Sho「額をピシャリと」

Shun「警棒で」

三谷幸喜には肝臓の辺りを強打してたって。

 

第六位にはテクノブレイクらしいあのワード、カウントダウン!

プロジェクトXビデオ

トモロヲ「Jun、カリビアンから帰ってきたばかりだった」

トモロヲ「Sho、おっぱいは本質から選び抜く目利き」

ホモロヲ「Shunはンギモッヂィイイイしか言わなかった」

テクノブレイク改め宇宙企画がバンド名になりかねない。

 

盛り上がりを見せるのはここからよ~、第五位にランクインしたのはこちら!

マッシヴ

Jun「セブンでガトーショコラあったの、コレ食ってみ」

Shun「あら、これは」

Sho「う~ん、マッシヴだねぇ」

マッシヴマッシヴプリミティブ(謎)

 

第五位より前はこっち連発、今すぐ使えるワードが第四位にランクイン!!

ソリッド感

Jun「どう?このソリッド感」

Sho「う~ん、分かる」

Shun「AV見ながらする話じゃねぇ」

ことあるごとにソリッド使いすぎな状況から俺は身を引いたんだけどもね。

 

上位争い本番、第三位に食い込んだのはあのドミノピザから~!

ウルトラ盛りミルフィーユ

Sho「チーズ4倍を超えると、この、なんとも筆舌に尽くしがたい…」

Jun「アブストラクトダディ」

Shun「サイレントヒルじゃねーか」

サイレント・サイレンってガールズバンドはもうここら辺の悪魔合体かと。

 

今年も大きく盛り上がったあのワードが惜しくも第二位、カウントダウン!

ストロングゼロ

Jun「吾輩はストロングゼロである。名前はストロングゼロ」

Sho「へへへ、これが生活ですよ!この一滴が生活なんです!(ドスト)」

Shun「これの原液をドンペリで割ろうぜ」

そろそろストロング/ゼロになって無限大に発散しそう。

 

さぁ、ゼロを抑えて堂々の第一位となったのは~?チェケラ!!

概念

Jun「いやさぁ、例えばおにぎりの中に生命力詰め込んで握ればさぁ」

Sho「だから概念まで食おうとするのやめろよ!」

Shun「究極の自家発電じゃねーか」

 

 

 

じゃ、今回更新の動画になります↓

YouTube

 

ニコニコ

 

SoundCloud

TechnoBreak新ラジオ企画始動!!!!!

ヘイヘイヘイヘイ!!!!

みんなオナニーしてるかい?!?!?!?!

俺はしているぜベイビー!!!!!

今日も絶好調のビンビンだぜ!!!!!

 

野郎ども、今日はとっておきの情報をお届けするぜ!!!!!

そこでバルトリン腺液を分泌しながら正座して聴きやがれってんだ!!!!!

 

いいか、今日はこの年末のクソ忙しい時期にだな、俺様ことTechnoBreakの死神が、昇天しちゃうほどビッグな情報をお届けするぜ!!!!!

 

なんと、TechnoBreak新ラジオ企画始動、その名も、

括約筋大活躍

がやってきたぜ!!!!!!

平成最後のこの年に、クソ忙しい社畜どもにもお手軽に聞ける
10分程度のショートラジオ企画
だ!!!!!!

しかもこれはまだ第一回、今後毎週この
土曜日20時
に続々と
続編が公開される予定
だ!!!!!

 

公開場所はみんな大好き
Youtube
ニコニコ
SoundCloud(音のみ)
だぜ!!!!!!!

 

兄さん、姉さん、パパに、ママ!!!!!

じいちゃん、ばあちゃん、お孫さん!!!!

さあよってらっしゃい見てらっしゃい!!!!

今日も始まるテクノブレイクのショートラジオ企画、
「括約筋大活躍」!!!!!!

 

あなたの人生の隙間のほんの10分!!!!

ぜひともビール片手にお聞きください!!!!!!

 

チェケラッッッッッッ!!!!!!!!!

 

Youtube

ニコニコ


SoundCloud

ハードボイルド社員食堂

今、俺は命を狙われている。

半年前、社員食堂を切り盛りしていたチーフが斃れた。

脳溢血、ICUに一週間近く入った後に死んだそうだ。

チーフは十年前に俺が入社した頃からチーフと呼ばれていた。

きっとさらにその十年以上も前から呼ばれていたのだろう。

S&Wチーフスペシャルが得物だったからに違いない、俺はそう睨んでいる。

チーフは俺たち社員のために大盛り無料にしてくれていた恩人だった。

ところがどうだ。

彼の死後四十九日も待たないうちから、献立の幅は減る、食事の味は落ちる(顕著なのが鯖の味噌煮だ、大好物だったのに今は見るのも嫌だ)、大盛りは五十円増しになる。

今まで形だけの存在だった食券機は、全社員が利用することを義務付けられた。

売り場からの往復が面倒だから食券をまとめ買いしておけば、ご丁寧に俺でも読めるくらいの文字で『食券の利用は当日限りです』なんて張り紙までされた。

お陰で俺は毎度毎度「日替わり定食」「大盛り」「単品唐揚げ」「単品唐揚げ」あの忌々しいボタンを四回も、いつもより五十円も多く払って押す羽目になっちまった。

以前は一個三十円だった唐揚げは、二度の値上げを挟んで今の値段になった。

それはいい。

クソッタレな社会がもっともっとクソッタレになっただけだ、俺でも知ってる。

チーフだって苦渋の決断だったに違いない。

ただ、昔は百円で三個も食えて釣りが来た唐揚げだって、今じゃたった二つ

ウチの台所事情はそういう事かって疑いたくなるのも無理ないだろ?

制度変更の頃に経理部長が、わざわざ食堂で俺に近寄って

「もう大盛りタダじゃ無くなっちゃいますね。」

なんて言いやがるもんだから、どう見たってこりゃ俺に対する兵糧攻めじゃないですかなんて鎌かけてやった。

奴さん、ニタニタ笑うだけで何も言わなかったがな。

永遠のものなんてない。

俺の食欲だって同じだ。

だから五十過ぎには連中と同じくご飯の量を半分にしてもらうに決まってる。

なんで今その前借ができない?なんで半ライスが五十円引きになっていない?

五十円出した大盛りは前に比べてこれ見よがしに盛られるようになったもんだから、おかずが足りなくて二つも余計に唐揚げを買う羽目になってる。

アイツらは一体、俺からいくら搾取する気なんだ。

呼び出しの電話が鳴ってる、もう行かなきゃならん。

これを読んでるあんたが、ウチの“カンパニー”の人間じゃない事を祈るよ。

 

 

 

再起動、最近どう?

霊峰富士を西に見て。

母校の校歌を恩師に向けて口ずさみ、二人で笑い合う。

一泊二日、河口湖畔の小旅行は心洗われるひと時だった。

あれから一週間。

心は荒みきり汚濁の底に堕ちていた。

 

無責任と正義感の狭間で、山積みの課題に背中を圧迫されながら、巣立った希望の絶望を受け、ふと日常に目を向ければ周りは承認欲求の塊だらけ。

もういっそ、宗教と食い物の好き嫌いとが無くなった世界になりさえすれば。

キリストの血であるワイン、イスラム教徒が育てた豚肉、禅寺の山門で栽培したニンニクやニラ、ついでに神社から大麻でも何でも持ち寄って乾杯しよう。

!לחיים

宗教の否定は文化の侮辱、食の矮小化、ひいては幸福の破滅に繋がるか?

いやいや、揚げ足をとるのは結構だが、こちらからは横槍を入れさせてもらう。

側面攻撃の後は中央から騎馬が突撃、これで潰走しない軍は無い。

だが、戦争で誰が幸せになるというのか。

富を奪う奪われるの関係より、分かち合う関係でいたいと思わないか。

持ち寄って、享受しようではないか。

社会主義的発言は日本海を越えてからにしろ?

いや、気付いちまったんだよ、俺。

日本は資本主義の皮を被った潜在的社会主義国家だったってこと。

そこで育った俺は、昨今の働き方改革に見られるような、今までの日本からの脱社会主義化のような動きに我慢がならないんだ。

右倣えで上手くいってたのに、上からの指示通りで楽だったのに、お前ら一人一人が自己判断で動いている社会を誰が信用するもんか。

今夜は飲ませてくれ!

 

 

 

 

 

って事で、作りましたよ痛風鍋。←本編開始

作り方は簡単、牡蠣とアンキモを鍋に入れ一煮立ちしたところで、白子を入れて火が通ったら出来上がり。

本場では、煮干(これもプリン体の塊)の出汁を使うんだそうな。

ま、家では面倒いので味噌仕立て鍋の素を入れましたよ&白子は無かったので鶏皮を使うことにして先に炊きましたよ。

うん、鶏皮さんは鶏皮だ、いつも食ってる。

おぉ、牡蠣氏、次は生食用でしゃぶしゃぶにするか?

ただしアンキモ、テメーはダメだ。

結論

米中サウジの三國核戦争

END