【全く無い】Junのキッチン外活動#4【いや在る】

メインディッシュ1 鯖の味噌煮

材料(3人分)

鯖の切り身 1パック(骨取り済み甘塩味を購入)
ニンニク 2房(今回、生姜は一切使わない)
芽ネギ 多いほど良いだろう
水 400cc
白味噌 大さじ4(2種類を半々にするのもアリ)
砂糖 大さじ3(ヴォイドースは甘味が虚無なので却下)
白だし 少々(味を整える程度)
味醂 少々(味を整える程度)
酒 100cc(味が濃くなったらこれで薄めてもよい)

鰤のアラ煮でも作ろうかと思っていたのですが、前週日曜に放送された噂の東京マガジン「令和の常識 やって!TRY」で鯖の味噌煮が取り上げられていたのが良いなと思ったので変更しました。

まあ、やってみて分かりますが、鯖の味噌煮は令和の「常識」とまでは・・・水と調味料の割合は慣れてないとナカナカ分からんですよ。

ま、大好きですけどね、あの老害コンテンツは!

先日もShunメンバーからポテトサラダもまともに作れないのかと叱咤されたことですし。

あの番組、金のかかった男性器創世記だよな(笑)

常識があるから非常識になれる、TechnoBreakでございます。

え!来年3月で終了?!(涙)

世にも奇妙な物語に合わせてスイーツも購入。

① 切り身を中火で40分、コトコトと茹でて灰汁を出す。

② その間にニンニクの皮を剥き、ジップロックの中に入れ、角瓶で叩く。1片が3つ程度に割れるくらいのサイズが良い。

③ 鍋から切り身を取り出し、冷水に入れる。

④ 鍋に新しく水を400cc入れ、味噌、砂糖、酒を加えて、40分間中火で切り身とニンニクをコトコト煮込んだら完成。

これが

こうなって

こう。

もう見た目からして美味そうでしょ(ニコリ)

このコーナーに対して懐疑的なShoメンバーも久しぶりに好反応(笑)

脳がやられてるんでShoね、鯖味噌を見ただけで涎を垂らすパブロフの犬、生を受けた動物たちの悲しき宿命その名は学習。

このコーナーに対して慎重派(ちゃんと味をみて評価してくれる)のShunメンバーからは

「このニンニクはりんごのコンポートのようだ。」

とお墨付きが。

ねーよ!脳がやられてるんでShunね(笑)

でも、まあ、美味しかったです。

白飯にバッチリでしょう。

この味付けならゼッテー合うなと思った煮汁の復活もこの通り。

実食の様子は57:40〜になります。

(本編開始は3:28〜)

【慣れました?】Junのキッチン外活動 #3【ニンニクに…】

碗物 鶏のポタージュ

材料(3人分)

丸鶏ガラ 3羽
ニンニク 3房
玉ねぎ 1/4
鶏皮 150g
長ネギ 2本
人参 1本
じゃがいも 1個
醤油 適量
鶏ガラスープ 適量

今回、ハナマサでゲットしてきたこの献体感。

① 丸鶏ガラ、鶏皮、ネギを圧力鍋で40分しばく。しばき倒す。

このとき、加圧後にハンドブレンダーで全てを灰燼に帰した方が濃厚スープになるそうだが、道具が無いので断念。

「何が道具だ偉そうに言いやがってこの野郎、これでやってみろ!」

「100均にこれしかなかった馬鹿野郎!」

② 入れた材料を取り出し、それ以外の材料を鍋に入れてさらに40分加圧調理。

ホラホラ、これが僕の骨ーー

後で食べました、食感の塊です。なるほど、グズグズに潰してエキスを更に出しておいても良かったかも。ただ、この鶏ガラ肉を食うってのも良かった。

③ ポタらせるために、野菜類をマッシャーで潰す。

面倒くさくなること請け合いなので、今回はこういうのを入れました。

スンマセン、完成後の写真無かったんで②後の段階のものです。

カレーからルーだけを抜いたような深みのある匂い。

実食の様子は 1:12:33~ になります。

(本編開始は20:09~)

試作品の方が旨い!

スマン!!

手羽ガラが成功の秘訣だったか。

試作時の写真↓