船橋ノワール 第三章

「ねぇねぇ、舞衣ちゃん。あなたの苗字は田野さんって言うんでしょ?」

蝙蝠はもう叫ばない。薄暗い店の中、今は人間の言葉が行き交うだけ。非人間的な、あまりに非人間的な。人間たち

続きを読む

船橋ノワール 第二章

蝙蝠の叫び声が聞こえる。あいつら月明かりに照らされて、夜闇の中で踊っている。踊らされていることも知らずに。恥知らずで、煩瑣い。朝日に目を焼かれたのか、それとも放たれた輝き

続きを読む

船橋ノワール 第一章

 夜空を急旋回する蝙蝠の叫び声が聴こえた。すれ違いざまに感じた殺気を、包み込むように受けつつその向きを変える。順手に握られた冷たい凶器はその持ち主の胸元へ飛び込んで沈んだ。

続きを読む