Cyberpunk2077世界最速レビュー(嘘)

あまりの没入感に乳首陥没。

実はスクリーンショットを撮るのもほとんど忘れたほどである(苦笑)

さて、ゲームなんかするの幾星霜ですが、話題作を発売日に買えたのでいざ。

本日は公式サイトのスクショも混ぜながら・・・ジャックイーン!!

生い立ちはサラリーマンを選択。

社会の歯車なので、ゼッテー感情移入できるぜえ。

キャラメイクは、サイバーパンクですんでね、オネエ系男性になりましたw

そういう気があるのかしら、ゲームは自身の心を写す。

左上にいるコイツはジャッキー、時に女房、時に悪童、このゲームに存在する確かな安心感がコイツ。

ゴリラゴリラしているが、性格の良さで高評価のキャラ。

雑居ビルみたいな自宅前の屋台でヤキソバを食うジャッキー。

写真はないですが、サイバー担当の堅物女(言葉の綾)ことT-バグちゃん。

もうこれには「リプリー!リプリーじゃないか!」と叫ばずにいられない!

主人公と合わせたこの三人がファミリーとなってナイトシティで繰り広げる、ドタバタアクションがこの作品の根幹となっていますね(嘘)

チュートリアルで模擬戦闘を済ませて本編開始〜。

なんつうか、背筋に寒気が走りました・・・。

『射撃のノックバックきついな』と←

そりゃそうですよ、コロナ禍のおうち時間のほとんどをロス・サントスで過ごしていましたからね、ええ。

 件のモグラ叩きなんちゃってFPSにどっぷり慣れてましたからね、近接戦闘で避けたり、ガードしたりなんて全く体が対応できませんw

さらにステルス移動、コンピュータースキャンとハック・・・ゲーム浦島太郎の俺には、良いリハビリだぜ!

というかGTAVレビューの記事をせっせと書いているうちに、サイバーパンク2077の発売日になっちゃって、買うかどうか悩みましたよw

さて、ここからせっせと「お使い」が始まります。

雰囲気のあるバーにお使いへいくものの、やれることはそんなになくてすぐに飽きるの巻。

町一番のフィクサー、デクスターとお近づきになったご一行は大きなヤマの下準備に奔走。

知ってる知ってる、強盗準備ミッションでしょ、ここで手を抜くと怒られるやつですねw

ソロプレイ可らしいカヨ・ペリコ強盗アップデート楽しみですね!

えー、本題に戻りまして、様々な勢力とその人々の思惑を巻き込みながら、事態は狙い通りか予期せぬ方向へ否が応でも進行していきます。

バラライカみたいな人出たと思ったら、やはり慎重に交渉する局面を迎えたり。

交渉では、その場へ行くまでに収集した情報の豊富さによって会話の選択肢のロックが解除されたりするので、基本的に「任意」ミッションは行きがけの駄賃でやっておくのが良さそう。

GTAVの強盗と同じで、目標に対するアプローチの仕方には暴力あり、騙しあり、協力ありの懐の深さ!

気に食わなきゃ、ころしてでもうばいとるすれば良いんです。

会話の選択肢次第で自分の属性も変化していきそう、真・女神転生大好きなんでこういうのの行き着く先がどうなるか気になりますね。

無事、交渉相手の彼とは親密度アップして告白タイム(約2秒)突入しました♪

さあさあ、戦闘ではそう易々と俺TUEEEかますことができません。

当然です、相手はサイバネティクスの粋を凝らした2077年版スライムですからね。

相手にヘッドショット決めたところで、一行だけ表示が出て何食わぬ顔してますから。

てゆーかゴメン、俺FPS以上にそこらの物色してクズみたいなインベントリ集めしてる方に必死だったww

めっちゃ久しぶりだよ、GTAVでコンビニ強盗してた頃が偲ばれたわwww

これもう拾えるもの一発でわかる身体強化パーツ出てきてくれるだろw(絆で天膳選ぶレベルの素人発想)

拾ったゴミを3€で売ったり、アサルトライフル入手と弾丸の喪失とに一喜一憂しながら、ラスダンへ!

その前に、ラスダン内部の様子を予習します。

これが見せ場のブレインダンス(脳踊り)ですよ!

広告でよく見るビジュアルの彼女(草薙素子じゃねーか)がターゲットと過ごした時間の記憶を追体験するという内容です。

それと同時に、幽体離脱して周囲の捜索ができるので、これからファックしまっせってオヤジの顔のドアップで終わったりします。

やー、本当スクショ撮り忘れてセンスねーわ自分・・・。

あと、このゲームにエロ要素あんの?(苦笑)

本当に不安になってきた。

予習を済ませて、いよいよラスダンへ!

こちら、世界に支店を持つ紺碧プラザホテル。

作中でこのホテルの特に東京支店が滅茶苦茶に持ち上げられていますが、完全にJMでキアヌが放ったアドリブ

「洗濯を頼みたい。帝国ホテルで頼むような洗濯だ。東京の…」

これに対するオマージュは間違いないでしょう。

そもそもJMはウィリアム・ギブスンの記憶屋ジョニー(Johnny Mnemonic)の頭文字を取った邦題ですしね。

本作でのキアヌもジョニーですし、ビンビンに取り入れてますよね。

思わずフラットラインしちゃいそうです(笑)

あ、あと、任意ミッションでバーに寄るのはぜひ行ってみてください、ここには全てを記さないようにしておきます…。

そしてこの後、壮大な展開からエンドロールが流れ…。

いや、ここまでがOPだったんですね、疲れるわー!

これからいよいよ、ラムちゃん(嘘)と過ごす未来世界を冒険します。

初回終了!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です