鼻から!コカイン

Jun「ジュンでーす!」

Sho「超Suckでーす!」

三波春夫「???」

Shun「??????」

コカイン鼻からズンドコ節

鼻からコカイン吸いたいな~↓

鼻からコカイン吸いたいな~↑

鼻でコカイン吸いたいな~♪

法律的に、コカ・ア~ウ~ト~♪

「彼が最後の笑点メンバー、今では人間性を失ったHumanity Lack太郎さんだ。」

「…楽の部分しか合ってない。」

「彼は最後まで抗ったよ。しかし、結局は心の底まで漆黒に染まり切った。」

「コカインなんかに手を出すから…。」

鼻コカ!(ジングル)

Fuckin’ Jap去って、またFuckin’ Jap。

東京2020コカインピックまで秒読みです!

ムショヘンザ!ムショヘンザ!(手を上げてムショへ)

「小池都知事!会場(収容所)が足りません!」

バカ女「東京湾を埋め立てなさい!」

謎の男「てやんでい!こちとら江戸っ子でィ!!(ズビズバ)」

「「あ、あなたは!!」」

一ノ瀬邦夫「畳んだ店舗貸してやるから、そこを使いなってんでィ!(ズビズバ)」

~東京コカイムピック噺~ 終

池端Shun作「令和の世に麒麟はこねえな。」

股間にくる

Jun「足利尊師!足利尊師!」

Sho「それは太平記。」

Shun「違う。」

おれたちはとんでもない思い違いをしていたようだ。これを見てみろ。

まず、ペッパーフードサービスの店舗から「炭焼きステーキ くに」を選ぶ。

この表記を逆にする。

にく キーテスき焼炭

意味不明な文字「キーテスき焼炭」。

これはノイズと考えられるので削除し、残りの文字を取り出す。

すると出来上がる言葉は・・・・・・『にく』。

ペッパーフードサービスとは『にく』を表す言葉だったのだ!!

鼻コカ!(ジングル)

ステーキ屋さんの共喰いは見ていて気持ちが良いものですなあ。

蛇、百足、蛙、蚰蜒さながらのステーキ屋をこの大東京で喰い合わせ、残った最後の一店舗が最も強い毒のステーキを出す店となる。

蟲毒のグルメ「ステーキとステーキでステーキが被ってしまったぞ(吐血)」

ステーキに飽きたら松屋世界紀行ジョージア編でお腹いっぱいになればいいじゃない!!

Sho「松屋世界紀行第二弾ではどこの何食べたい?」

Jun「首狩り族の首狩り鍋、鮭が入ってるの。」

Shun「首狩り族と石狩鍋に謝れ!」

押し寄せる文明の波に呑まれ、月夜の晩に首狩りの儀式が行われなくなって久しい一族。首狩りをしない首狩り族とは、雨降る放課後の天文部のようなものか。自己同一性の喪失と引き換えに得たものと言えば、高速化する情報社会の窓口と依存性の強い食料品。畢竟、変化と進歩は全く異なるのだ。

シュクメルリ三太夫

「ババア、長生きしろよ!(鼻でコカインを吸わせながら)」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です