【半全版】Junの麻婆演義

「最強のおかずは何か?」

大学の研究室で二ヶ上の伊藤さんから問われた。

駆け出し美味しんモンスターだった俺が弾き出す。

鯖味噌か、否。鮪が絶滅した未来ならばあるいは。

味噌汁か、否。シンプルイズ思考停止極致。

唐揚げか、否。May the force beer with you.

豚の生姜焼きか、否。否である。

俺はそこで結論を出し、こう言った。

「自分は回鍋肉です。」

伊藤さんは二マっと笑って、同意してくれたものだ。

「都内 回鍋肉」で検索すると、必ずと言って良いほど上位にヒットする

飯田橋 えぞ松

乗り換えが飯田橋であるため、個人的にも週に一度は利用している店舗だ。

動線の都合上、本店ではなく神楽坂店を利用させていただいている。

あれから十年、今の俺はここで回鍋肉を注文しない。

一つ目の理由は生涯分の回鍋肉を食べてしまったかもしれない事。

二つ目の理由はサービスの問題で、こちらの方が重要だ。

ここでは、カウンター上のカップにミキサーにかけたニンニクが置かれている。

この禍々しさ、それだけで毎週訪れる理由たり得るのだ。

これをドバッと回鍋肉にGOーGarlic &Oilーする。

しかし、それを食うと口の中が痛くて痛くて、涙が出るの。

健康への悪影響を確信するレベルで痛いの。

これは続けられないよ・・・。

妥協案として、セットで付くスープにニンニクを入れる手もある。

しかしながら、まだ自分の欲する量をスープの容量が受け入れてくれない。

もう、無理なのか・・・。

危機を好機に反転させる光の橋に魔が差した。

なんだ、この感覚は。

なんだ、この世間の潮流は。

誰かが、いや
不特定多数の誰かたちが、
俺の背中を押している。

 

 

 

 

 

 

 

麻婆丼だ。

 

 

 

 

 

 

 

ラーメンでも入れるような大ぶりの丼だ。

これなら餡の中に大量のニンニクを忍ばせたとしても、濃度は限りなくゼロ。

きっかけは回鍋肉有名店の評判だが、今や自分にとっての生命維持装置。

そして、その役割を十全に果たすための最適解がこの麻婆丼。

こうなってくると何ともニンニクに合う味わいじゃないか。

決めた、花椒は他所で摂ろう。

東京都新宿区神楽坂1丁目14

ここから、俺の本当の麻婆豆腐を探す旅が始まった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です