TechnoBreak Goes into High Gear !

どうもみなさんこんちは。

TechnoBreakというバンドを始めましたShunと申します。
今日からバンドのブログでも書いてみようかと思い立ち上げました。
これから末永くよろしくです。
因みにホームページも作りました。
みなさん是非見てください。
TechnoBreak Web
ってか、見ろ。
中学生の頃以来HTMLなんて触ってねぇんだ!
そんな俺がバンドのホームページを作るために1からデザインして作ったんだぞ!
お前らが来てくんないと今ここでテクノブレイクすんぞ!!
…と、まぁ、こんな感じでやっていきます。
ホームページも重ねてよろしくお願いします。

手始めにこのバンドの成り立ちからでも書きましょうか。
事の初めは私Shunが日常に疲れて本業の方がかな~りおろそかになっていた4月頃に端を発します。
毎日の生活にだいぶやられてた私は今後どう生きていこうか迷ってまして、日々オナニーしながら思案していたのであります。
そんな俺に、ある日突然友人Tから電話がありました。

「Roger DaltreyのTommy Live見に行かね?!」

何を隠そうこの友人は俺と同じ大のThe Who好き。
俺もTommy Liveは知ってたけど、今回はDaltreyだけだし微妙じゃねぇ…?とか思ってたらこの電話ですよ。
しかもわざわざ有給を取って東海地方から新幹線で駆けつける、なんて言ってるじゃないですか。
正直めんどくさかった私は電話を即切りしてオナニーでもしようかと思っていたのですが、前回コイツと会ったのは半年ほど前。
久しぶりに会うのも面白ぇかなぁ、と思って渋々承諾したわけです。
で、4月27日の神奈川県民ホールに出かけたわけです。

ところが行ってみたらやっぱやべぇの、Daltrey。
あいつマジで68歳のクソジジイなのかってぐらいの動きっぷり。
しかも一度生で聞きたかったYoung Man Bluesを演奏するじゃありませんか。

マジで我慢汁が出っ放しだったぜ。
そんなこんなでライブが終了し、余韻に浸りながら俺は思ったのよ。
またライブやりてぇなぁ…って。

元々大学にいたころはオリジナルのバンド作ってて、千葉と東京のライブハウスで1ヶ月に1回とか2回とかのペースでやってて、全然客はつかなくてクソバンドだったけど、音楽をやってた俺は濡れ濡れだったな…、と。
なんだかんだでそのバンドはやめちゃったけど、また「なんかやりてぇ」なぁ…と思ったわけです。
しかし今はもうバンドの連中とはほとんど接点はなく、また同じバンドってのも面白くないなぁ…と思いまして。
どうすっかなぁ…と思いながらまたロリ系のおかずでオナニーをしてたんですな。
で、オナニーも一通り終わって賢者モードになりつつタバコでも吸って思ったのは、

「じゃあなんかとりあえず面白そうな奴ら集めてなんかしたら楽しいんじゃね?」

ということでした。
別に濡れるんならライブやバンドにはこだわりはない。
欲しいのは日常を後ろからFuckしてやるあの感じだ、と思ったわけです。
で、とりあえず自分の周りで賛同してくれそうな、ShoとJunを新宿の飲み屋に集めて話をしたんですよ。
そしたら2人ともすげー乗り気なの。
俺もなんかしたいと思ってた、と。
ってか、お前らお互いに初対面なのになんで俺がトイレ行ってる間にそんな盛り上がってるんだと。
肝心の俺の存在感がなくなるじゃねぇか、と思いつつも、彼らという友人に出会ったことに感謝しつつ、2012年6月16日新宿の飲み屋にてTechnoBreakという集団が誕生したわけです。

今は8月のスタジオでのセッションを経て、とりあえずみんな自分の音を出せるという共通点から、バンドという形になっております。
そしてそのセッションから生まれた曲を精査し現在いくつか完成させているところです。
なにぶん3人で何かをやるのは初めてなので、いろんなことに苦心しつつも、かなりの名曲はできていると自負しております。
そのうち完成したらダイジェストでブログにアップできればと思っております。
どうぞお楽しみに!!

因みにバンド名の由来ですが、テクノブレイクとはみなさんご存じのアレです。
わからない人はググってください。
童貞紳士な感じの我々にはぴったりのバンド名だと自負しております。
あとテクノ好きだし(笑)

そんなこんなで、長くなりましたが、我々TechnoBreakを是非宜しくお願いします。
…いつかお前らをFuckしてやるぜ!!!
ケツ洗って待っていやがれ!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です