バンドで久しぶりに立ち飲み行ったら概念が挿入された(脳とかに)

「失敗から学ばない、学びではない何か・・・。」

「滅び・・・。」

Shun『コイツ、誰と会話してるんだろう?』

そう、ホッピーはアクセルでありブレーキでもある、確かに。

亀戸の立ち飲みで久しぶりに飲むことになった。

先々週は、俺が持ち込んだ日本酒で宅飲みをしていたのだが。

さて、通された奥の卓。

いつもなら、その隣のドラム缶の上だ。

そこで対立構造が潜伏する。

どうやらShunは自身の無駄な体毛はwipe outしたいらしい。

自分の体毛に関しては持続可能な開発を見据えていない。

全ての体毛を自分事に考えている裏返しだろう。

誰も置き去りにしない。

その代わりに、無駄な体毛は一掃したい。

そんな、Shunの心の叫びだ。

一方でJunは、祖父譲りの体毛を良しとしている。

ピアース・ブロスナンには及ばないが。

すると、我らがTechnoBreakのハイパーコーポレートユニバーシティAIDAことShoが

「チン毛同士を固結びにしておくと、メンド臭くなってブチって引き抜けるよ」

Shunは笑い転げ、テーブルの向こうへNew Horizon(東京書籍)。

二の句が継げないJun、頭の中であの日の「石炭袋」が反響する。

夜、因果者の夜。

 

仔細は、思い出という名の虚無の中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です