【人生5】光なき闇の問わず語り#009【ONLIFE】

え〜、人事が出ました!

今夜はその絡みでますます精神分裂に拍車がかかってます…。

TechnoBreak Junの闇です、闇Junです。

この変態豚野郎(挨拶)

そんな俺は変態クソ野郎。

純愛路線の切望者。

俺の望みはアイツの望みさ。

ついに行く道とはかねて聞きしかど。

俺に使える魔法といえば、

言霊遊戯のエピゴーネン。

詩人気取りの犯罪予備軍。

あるいは盲目、

あるいは献身。

Vooid, Void, Void空洞

Vooid, Void 蜃気楼

闇Jun
「番組では人を殺してその肉を食ったエピソードを広く受け付けていま〜す」

「境界性ラジオパーソナリティ障害やめろ!!」

 闇Jun「え〜、先ずは船橋市にお住まいのラジオネーム裏筋さん」

「先ずは??!」

闇なのにそのくだりカットかよ、優しさか?

闇Jun「ところで俺が職場で毒吐くとよぉ、連中返す言葉で

「言い方w」

とかほざきやがるんだよぉ。

言葉は俺の肉体なんだから言い方もクソもねえんだ思考停止のクソ偽装就職者どもが!!って思うんだぁ。」

闇Jun「狂っているのは俺か世界かどっちなんだぁ」

苦しいんだ俺は!

早く楽になりてえ!

でもこの状態を離れて創作活動にはならねえ事がよく分かってんだよぉ!

こないだシン・エヴァンゲリオン観に行って三度も泣いちまった!!

まともじゃねえってこと自分が一番良く分かってんだよぉ!

言い方が悪いのも当然だろうが、こんな俺の言葉なんざ!

バ〜ニラ、バニラ、バニラ囚人

バ〜ニラ、バニラ絞首刑

Jun「正解!!」

闇Jun「えっ??」

約束の時間まで残りわずか。

TechnoBreak Junは何を望むか。

TechnoBreak Junの願いは叶うのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です