【人生5】光なき闇の問わず語り#002【ONLIFE】

Fresh Raperの犯清は

「天月読命は右の瞳に宿り、天照大神は左の瞳に宿る。」

と述べている。

マタイによる福音書第五章には、かの有名な

「右の頬には、左の頬を」

というイエスの言葉が記載されている。

バビロン第一王朝期の常識からおよそ1800年の大転換。

TechnoBreak Junからは4000年先の人類と現代人に向けて

「右の金玉を取られたら、左の玉にも別れを告げよ。」

これで晴れて女の娘になれたね。

往きて還らず、性の越境。

「これで竿まで取られたら!亀無クンになっちゃうよ!!」

虚無は虚無を以って応じた。

ハイこんばんは、TechnoBreak Junの闇です。

失われた光に照らされなければ、隠部も観測され得ない。

光なき我々の、見通しの悪さときたら、なんたる不安、なんたる狭漠。

小噺。

後継に男児を求める医師がいた。

結婚相手が出産すると男児を連れて離婚した。

男は同性愛者だったから、妻の前で男と抱き合っていた。

妻はすぐさま男を捨てた。

さて、一人息子を奪られたら、他に何を差し出せば良いか。

個性とは。

闇Jun3コマ漫画文章です。

 

白菜の美味しい季節、ここは東京TechnoBreakの白山ベース。

白菜の上半分をざく切りにして塩昆布をいい感じに散らすじゃん。

そこにキューピーのシーザーサラダドレッシングをたらーり。

俺キャベツの千切り食うの嫌だけど、これはタマランですよ。

下の白いところは適当に切って、鍋に入れて豚肉と重ねて、ワンカップの酒とダシ入れて鍋して弱火で1時間。

このいわゆる無水鍋って奴は、出来上がるまでに1時間なのが難点だったが、サラダ作戦できっちり前菜として飲めるからマジでおすすめ!

飲み過ぎ食い過ぎでもうNiziUアゴですよ。

 

「マックみっけ(卑らしい囁き声)」

白昼堂々オフィスのコピー室で、その女性の後ろから声をかけながら、腰に手を回したTechnoBreak Jun。

「キャッ、な、何するんですかTechnoBreak Jun先輩!」

「ヤッキー2つじゃ足らないから、君のことファッキューするね。」

ちゃらっちゃっちゃっちゃ〜♪(SE交尾)

飲み過ぎ食い過ぎでもうNiziUアゴですよ。

 

そんな夢を見ていたのは、脳死状態のTechnoBreak Jun。

今夜から明日にかけて雪が降ると言う。

精一杯生きた証を、雪に降らせているんだ。

Shunメンバーは『このコロナ禍で見舞いに来れるはずねえだろ。』

と思っている。

心優しいShoメンバーは『Junのオフィス不倫が繰り返されなくなって良かったね。』

と見守っていた。

そんなわけで、今週の記事も二足の裏ビ。

二色じゃなくてよかったね。

白黒じゃねーか…白が居ないんだけどなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です