Junの環状赴くまま【第五夜】

時は三月末に遡る。

春の兆しはワニの死とともに去り。

ただ残された桜の花々が散るのを待っていた。

「なぁ、恒例の花見に行こうぜ。」

誰も彼もが口を閉ざす中、俺が強引にメンバー達を外へと連れ出した。

秋葉原から御徒町を協力者のAnex氏と共に歩いたのが十一月ごろのこと。

およそ半年ぶりの環状赴くままは、バンドゆかりの地、アメ横。

すなわち第五夜、御徒町〜上野間を外周左回り。

初のメンバー三人でそぞろ歩くことになる。

これは、企画の当初から考えていたことだった。

・・・この三人で環状赴くままは二度と無いかもしれない。

そんな想いが去来するワンショット。

なかなかどうして、よく撮れているじゃないか。

アメ横は高架下西側なので、今回外回りで実際に歩くのは御徒町駅前通りとなる。

外出自粛前とはいえ、人通りは少ない。

焼き鳥全品100円のハイボール酒場さん。

スタート早々にガブ飲みできないので見送り。

一番高いのが響を使ったハイボール850円なんだが、紹介されているのが「ハイホール集団」というのが抜けてて笑える。

ハイホール。

穴が上についているのか。

ところでこの店、逆打ちの回では間違いなく世話になるであろう。

あるいは、御徒町駅前の北海道マルハ酒場。

おっと、スルーしそうになったが通りを右に折れると、とんかつの名店と名高い山家さん。

ロースカツ定食七七◯円というのが何とも肉い。

ここから線路向こう真逆の方には上野店もあります(写真は御徒町店)。

その奥右となりには、Shoメンバーの親父殿が現役の頃世話になったという日本橋紅とん。

どちらも上野6丁目2番地エリアだ。

そこを振り返れば。

から好しさん。

スカイラークグループ。

からあげばっかり、近所に欲しいが都内におよそ十店舗ほど。

本流の御徒町駅前通りに戻るとすぐに行列のできるラーメン店。

ずーっと行列なんだとか。

行列が苦でない女性と行くなら洒落てて良いかもですね。

ただ、俺は行列が苦だから別れるけど。

睡魔には負けるが、空腹には立腹。

ずーっと先へ進んだ角に、玩具問屋上野屋さん。

ヒー、外部ブースネタの宝庫かここは。

令和も馬もある。

そしてチコちゃんにしかられる。

「生きてんじゃねぇよ!!」

さて、その先、上野6丁目5番地エリアは島になっており。

牛カツあおなさん。

その2階には洋食のスティックアンドスプーンさん。

その向かいにあるたこ焼き、なんちゃんさん。

その右隣にやきとん、とら八さん。

たこ焼き屋さんから、通りを左にキッチン台栄さん。

この周辺は、混雑の度合いが一歩手前ながら、懐が広い食事処が多い。

気になるお店が多すぎて、前回とは比べ物にならない密度である。

文字じゃ追えねえだろう。

こっから奥の上野まで一度突っ切るか。

下らない話をしながらプラプラ歩いて。

これ三月末の取材だから何話したかとか全く覚えてない。

スマン!ライター失格だ!

虚無が分限を弁えずに物を書こうとするから!

ってことで、ここらが北限付近(接続詞)。

そこでShoメンバーが叫ぶ。

「あっ、ここがなかなかコスパ良かった!」

回転寿司江戸っ子さん(おやっさんには掲載許可取得済みです)。

へ〜、こちらのほろ酔いセットは厳選刺身三点と生で550円ですか。

では・・・。

・・・入った!

三点盛りいいねえ。

この後、のどぐろなぞにも舌鼓。

突き出し順調!

退店して正面、こちら。

ハンバーグ専門店ジョージさん。

ドイツ語読みでゲオルグさん!

カッコいい・・・。

では、いざ踵を返して、爆心地もつ焼き大統領のグランドクロスへ。

メンバー大好き立ち飲みカドクラさんはやはり超満員。

写真撮影も憚られるのでここはスルー。

だが、その脇道にある・・・。

ワインバール、イル・カドッチョさん。

これはカドクラ系列としてゲキ穴なのではなかろうか。

大衆居酒屋ばかりがこの地の花なれど。

GO!GO!GO!

今夜の取材はここに決まりだ!

NO!NO!NO!

今夜は行きたい店がある。

Shun「何ッ!知っているのかShoメンバー?‼︎」

Sho「今夜は行きたい店がある。」

Sho「今夜は行きたい店がある。」

ドン!(SE決め)

Shoメンバーに誘われるまま、そこから昭和通りへ出る。

向こうが御徒町・秋葉原方面。

振り返って、向こうは上野方面。

我々が向かうのは、ここからほんの少々御徒町方面へ進んで。

こちら、鳥番長さんトリー!

白山でたまに行く鶏ヤローさんではないトリー!

鶏ヤロー公式からは「チョットナニイッテルカワカラナイトリー!🐔」頂きました(7/17付)

Shoメンバー曰く

「ここは、あの鳥金を彷彿とさせる“焼き鳥”屋なんだよ。」

今は亡き亀戸鳥金、それすなわち・・・。

こういうこと!

こういうこと!

こういうこと!

や、たまんねえんだよ。

出てくるお肉なんか串に刺さってるやつの数倍大きいもんね。

炭火の上で、じっくりお肉を育てる感覚。

それも鶏肉ばっかり、これがいいのよ。

焼肉だったら敢えて鶏を注文しないもん。

牛肉炙ってる時は育ててる感覚ないもん。

逆に鳥金の喪失感を思い出すとはいえ、半年に一回は行きたいやね。

賑やかで、いろんな人を連れて行きたいお店でした。

そして、〆の博多豚骨ラーメン!

TechnoBreak問わず語り。

我々一同、根っからの「博多天神」派である!

行くのは新宿かお茶の水である!

都内にあるのは9店舗である!

だやむなく博多天神モドキに行くことが往々にしてある!

首都圏に18店舗を誇る博多風龍を俺は認めない!

本家が完全に食われてるもん><

だが、秋葉原や高田馬場にあるため、博多天神より這入る頻度が多いと言うのは事実だ><

そして!

ここは!

高くつくけど替え玉おかわり二回!!

解散してから一人、上野公園へ(Junは京成ユーザー)。

LINEに「よくね」と死亡フラグを立てて閉幕・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です