【新曲予告】恋す×フォーチュン〇ッキー

“ソレ”を手にするものは、相思相愛になれる。

遡ること一月前・・・。

愛憎入り混じる、血のバレンタインデー。

女の子ならみんな市販の板チョコを鋳溶かして、また新たなチョコレートを成形する。

重い思いに想いを込めるその作業は、さながら年に一度の賽の河原か。

と思えば、想いが人を人たらしめるとも言えるだろう。

チョコレート。

ガーナにおいて“ソレ”は、奴隷労働によって成り立つ産業だ。

They are eating my flesh.

ドキュメンタリーの字幕である。

放送元がイギリスだから英訳されている。

それから20年。

皮“肉”なことに、SK〇48にはチョコの奴隷なる曲があるらしい。

翻って俺はと言えばどうだ。

×安門事件

〇京事件

外にも内にも毒づいているこの俺は。

毒虫ではないか。

カフカの変身だ。

挙句、自身が奴隷であることも知っている。

気が変になりそうだ。

肌が焼け付くのを感じる。

胸騒ぎのする夢でも見ているようだ。

“濃い黒削肉グレゴール”

これが、俺とお前たちの唄。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です